駅近!学芸大学駅徒歩3分!! 【人生を楽しむ】痛みをなくして日々、快適に過ごすためのカラダへ 痛みを徹底改善!!

脊柱管狭窄症の痛みを手術なしで改善する方法?学芸大学Conditioningアシスト

腰が痛くて病院に行ったら、脊柱管狭窄症ですと言われ手術を薦められたり、

手術しないと治らないかなと思う方は多いと思います。

手術で良くなる方もいれば、

手術しても痛みやしびれが残る人

時間がたつとしびれがまた出たりする人

もいます。

逆に手術しなくて症状が改善する人も多くみてきました。

なぜこのようなことが起きるか?

それは根本的な原因が改善されていないからです。

脊柱管狭窄症になり症状が出てくる間に身体がどうなったか。

症状が出るまでの間、どのような経過があり、どうしてそのような状態にいたったかなど、

その人の背景を含めた、身体の状態をみて原因となっているものを考えなければなりません。

例えば、生活の中で脊柱管狭窄症を誘発するような姿勢や動作などが多いなど

手術だけでは改善できない事柄もあるため、

その人の生活習慣や仕事・趣味など個々の背景を知る必要もあります。

脊柱管狭窄症ってどんな疾患なのか?

背骨には脊柱管といって脊髄が通る空洞があります。

その空洞の中を通っている脊髄が何らかの理由で刺激が加わることで症状がでてきます。

その主な症状は

・足がしびれる、痛い。

・力が入りづらい

・数分あるくとしびれて歩けない。少し休むとまた動ける。

・前かがみになると楽になる

・排尿がうまくいかない(このレベルの方はすぐに病院へ行ってください)

などが挙げられます。

脊柱管狭窄症での痛みの原因

痛みがでる原因として

・神経根の圧迫による痛み・しびれ

 片側のの症状の場合、神経の通り道である神経根の圧迫による症状の可能性があります。そ
 のため、この圧迫部位をはずすことで症状が緩和する可能性があります。

・筋・筋膜による痛み

 筋・筋膜には痛みを感知するセンサーが豊富にあり、そこへ刺激が加わることで痛みとして  
 脳が認知します。このような場合は運動や施術で良くなる可能性があります。

・姿勢による脊柱管の狭窄

 不良姿勢による脊柱管の圧迫により痛みを誘発している可能性があります。猫背などの不良
 姿勢、長時間の座位など同一姿勢が続くときに痛みがでたりするような場合、狭くなってい
 る場所を広げると症状は楽になります。

脊柱管狭窄症の痛みを楽にする方法

脊柱管狭窄症の痛みを楽にする方法は

・腰を丸める運動

・胸椎の可動性を上げる運動

・股関節の可動性を上げる運動

・インナーマッスルを鍛える

ことが大事になります。

症状をだしているのが腰でも、股関節や胸椎の影響をうけて腰が悪くなっていることが多いです。

なので腰以外の部位もしっかり動かせるようにしなければいけません。

脊柱管狭窄症に対するConditioningアシストのケア

当店では

・カウンセリングで原因の分析

・骨や筋肉に施術を行い、循環改善や可動域の改善

・動きやすい状態にするためのエクササイズ

・自重(体重)を負荷としたエクササイズで効率よく、負担の少ない動きづくり

を個々の状態にあったものを提供しております。

ぜひ痛みでお困りの方はConditioningアシストにお越しください。

毎月先着5名様限定、公式LINEアカウントからの予約で初回施術料金
¥10,000⇒¥3,500
コラムをみたと送ってください。
公式LINEアカウントはこちら

公式LINEのQRコード
>ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約は公式LINE・お電話からお受けしております。
TEL 03-5724-3944
※施術中は電話に出られないことがありますので、24時間いつでも受付可能な公式LINEでのご予約をおすすめしています。

LINEチャットにて施術前・施術後のご相談や不安なことなど、遠慮なくお気軽にご相談ください。

CTR IMG