駅近!学芸大学駅徒歩3分!! 【人生を楽しむ】痛みをなくして日々、快適に過ごすためのカラダへ 痛みを徹底改善!!
ランナー

【ランニング中、膝の内側に痛みがでるランナー必見】膝の痛みをよくする方法! 学芸大学 膝・腰専門整体Conditioningアシスト!

こんにちは!

Conditioning アシストの木村です!

普段は何ともないのに走ると痛い。

走りたいけど膝が気になって走るのが不安。

という方は多いと思います。

病院では異常がないから湿布と薬もらって安静にしといてください。様子見てくださいと言われることは多いのではないでしょうか?

でも走りたいしどうしたらよいのかわからない。

そういった経験ある方が多いと聞きます。

自分ではどうしていいかわからずとりあえずマッサージ受けたりしたけど変わらない。

もう付き合っていくしかないのかなと思ってしまいますよね。

でも安心してください。

当院は今まで走ると膝が痛いアスリートや一般の方をたくさん施術してきました。

多くは組織間の滑走性が悪くなっていることから痛みがでています。

ランニング中、そもそもなぜ膝の内側が痛くなるか

膝の内側が痛くなる疾患としては

・鵞足炎

・半月板損傷

・変形性膝関節症

が代表的なものになります。

全て内側にある組織の炎症が起こることで痛みとなってくるものです。

この中でも多いのが鵞足炎なります。

ランニング中に起こりやすい鵞足炎とは

鵞足の場所は↓になります

鵞足には縫工筋・薄筋・半腱様筋がついており、この筋肉が引っ張られるようなストレスを繰り返し受けることで付着部に炎症が起き、痛みがでてきます。

またこれらの筋肉は股関節をまたいでついているので股関節からの影響も受けます。

なので、膝が痛いからと言って膝に原因があるとは限らないのです。

ランニングで起こる鵞足炎に対して何をすればよいか?

結局、何をしたらよくなるのか。

先ほど話した通り、原因は膝だけにあるわけではありません。

個々に原因が変わってきます。

足首の人もいれば、股関節の人もいます。

それまでの生活習慣や運動歴・既往歴など様々な要素が絡み合って症状を引き起こしているので絶対的にこれといううものはありません。

しかし、共通して言えるのは筋肉・筋膜などの組織が硬くなっていたり、滑走が悪くなっていることがほとんどです。

ですので、膝だけでなく関係している部位の硬さや滑走性を改善することで痛みはとれてきます。

まとめ

走るときに膝の内側に痛みがでる原因のほとんどが筋肉などの組織の硬さや滑走性によるものになります。

また、原因となってる部位が膝だとは限りません。

当院では全身をチェックし、原因となっているものから患部までしっかりみさせていただき、調整していきます。

痛みでお困りの方の力になれます。

お困りの方はご相談ください!

毎月先着5名様限定、公式LINEアカウントからの予約で初回施術料金
¥10,000⇒¥3,500
コラムをみたと送ってください。
公式LINEアカウントはこちら

LINE登録
>ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

ご予約は公式LINE・お電話からお受けしております。
TEL 03-5724-3944
※施術中は電話に出られないことがありますので、24時間いつでも受付可能な公式LINEでのご予約をおすすめしています。

LINEチャットにて施術前・施術後のご相談や不安なことなど、遠慮なくお気軽にご相談ください。

CTR IMG